ウチナーヤマトグチとは何?

ウチナーヤマトグチとは
日本語 の 新しい 方言 ?

ウチナーヤマトグチ って、あまり聞きなれない言葉ですね!

ウチナーヤマトグチ とは

沖縄県外で言う沖縄弁(おきなわべん)で
沖縄県における日本語の新しい方言 であるそうです。

その内容は

沖縄県において第二次世界大戦後、

日本標準語(ヤマトグチ)を使ったメディアの普及や、
学校における標準語普及運動(手段としての方言札)などにより、

旧来の話者は次第に高齢者に限られ、
分からない、聞けても話せない若者が増えた。

一方、普及したはずの標準語は、
琉球語(琉球方言)の影響を強く受けて、

どちらでもない新方言と言える
ウチナーヤマトグチ と化していった。

戦後教育を受けた世代から下は、
琉球語(琉球方言)の影響の濃さ、薄さはあるものの、

たいていはこのウチナーヤマトグチの話者である。

簡単に表すと日本語と琉球方言が
チャンプルー された訳ですね。

Posted in 沖縄方言について | Tagged , , , | コメントをどうぞ

沖縄の方言所謂うちなーぐちは日本語の源流か?

うちなーぐち いわゆる、 沖縄方言 は・・・

諸説によると、元来の日本語の源流である、
万葉時代に使用された言葉をくんでいると云われている。

「いらっしゃいませ」 の意味の
めんそーれー  だとか

「お召し上がり下さい」 の意味の
うさがみそーれー など

ここでいう 「そーれー」 の 部分は

多少、記憶は曖昧ではあるが、 やまと言葉 からの流れを
くむものであると一昔前に知人から聞かされたことがある。

この事からも
沖縄方言 である うちなーぐち は 一地方の方言としては、
捉えられないものである事も認識して置きたい。

歴史的な視点から見れば 沖縄方言 の うちなーぐちは
これまでに様々な、道を歩んできたであろう事は想像するには容易い。

それは決して、順風満帆ではなく、
どちらかというと波乱万丈であると云っても過言ではない。

そのように、思えてならない。

元来の日本語の源流をくむ
沖縄の方言 うちなーぐち。

これは、後世へと受け継いでいくべき
貴重なもののひとつ。

そう、強く認識したい!

Posted in 沖縄方言について | Tagged , , , , | コメントをどうぞ